羊牧場

しかし、あえていうなら時間を何とかしてください、規制退場は勘弁してください、ですね。
おかげで帰れなくなっちゃうとこでした。
ライブレポート後半戦



待ちに待ったミスチルのライブです。
一体どんなナンバー?
どんなアレンジ?
わくわくしながら待ってました。

そしてメンバー登場!

●優しい歌
Mr.Children, bank band に共通する名曲です。
軽快なリズムで進む詩。
単に軽いだけの曲じゃないのは分かってるんですが、でもそれをすっとイントロに使う。
響き合いですね。

●名もなき詩
なんと。
イントロ前のドラムスでこの曲だと判りました!
バンザイ!
この曲については何も語りません。
ただただ感動。
真実を握りしめる

●未来
新曲1つめは未来。
いまいち微妙な部分もあったのですが…このライブで、この曲がずっと好きになりました。
未来はもしかしたら分かりきってるかもしれないけど、そんな未来でも何とかしてみせる、という誓いの曲。
とくに「環境」「共生」をテーマにしたこのライブでは、この世界の未来という意味もあったんだと思うのですが、それ以上に身近なものごとの未来、それを見据えて。

●Over
「10年ぶりに歌います、名曲中の名曲です」
と桜井さんがアナウンスしました。
10年? なんだろう。innocent worldあたりかなぁ?
…いい意味で予想が裏切られました。
Over
Atomic Heartのを代表する曲。
アルバム曲なのに、ミスチルファン以外の人でも知っているというこの曲。
別れの歌、悲しい歌です。
でも、そうきこえなかったのはきっと私だけではないはず。

●雨のち晴れ
同じくAtomic Heartからのナンバーでした。
Overから続く感じで、いいことばかりではないと、人生上手くいくものでもないと。
でもそれでも明日は晴れるかも知れない。
心の中ではきっと晴れてるって、そういう曲です。
未来への予感を残しつつ、ここでちょっと休憩でした。

●ランニングハイ
駆けてみよう
そのメッセージで。
その声で。
赤いライトに照らされたステージ、走り出す音楽。
そして、走り出す桜井さん。
本当に汗だくで、息切れしながら、それでも歌いきる。
はっきり言って、ある意味恥ずかしいです。
それでも「駆けていこう」という曲でした。

●I’ll be(album ver.)
そして、今度は「自分の未来」。
随所にアレンジが見られ、すごくよかったです。
ランニングハイとはかなりトーンが変わって、大分落ち着くような感じになりますが、でも目指している先は同じ、こうしていくんだっていう決意表明みたいなのが感じられて、魅入ってました。

●いつでも微笑みを
照明が消え、桜井さん一人の弾き語りが始まりました。
ハーモニカとアコースティックギター。
ゆっくりと歌われるこの曲。
「悲劇の真ん中じゃその歌は意味をなくしてしまうかなぁ?」
悲劇の真ん中でもこの歌が意味を持つといいですね。
そして、最後に口笛。
ゆっくりと、しっかりと鳴り響くその音に、会場全体が静まりかえっていました。
むっちゃかっこいい(><)

●Everything is made from a dream
唯一の負け越し曲でした。
サビしか歌詞が判らなかった…
いい曲なのにー。
あー、ひじょーに残念です。

●and I love you
こちらも新曲。
やっぱり生でこの曲歌ってるのみられるなんて…
さいこーです(><)
飛べるよ君にも」って。
みんなに向けて歌ってるんです。
自分じゃなかなか歌えないけど、やっぱりいい曲ですねー。

●蘇生
It's a wonderful worldの中で一番好きな曲です。
overtureから続く曲。
そう何度でも何度でも君は生まれ変わって行ける
前向きな曲は好きなんですって。
別にネガティブな曲が嫌いなわけではないんですけども。
a-ha-ha(高音)を熱唱する会場。

●CENTER OF UNIVERSE
「僕こそ世界の中心です」
っていう曲です。
それだけだとただの傲慢ですが。
でもそんな曲じゃないんですよ。
苛々してるときは愛を補充して。
上手くいかなかったら歌でも唄って。
ちゃんと考えて答えを出して。
次にも続きますけど、世界はこれでいてすばらしい、って。

●It’s a wonderful world
この曲…なんで覚えてるんだろ?
「忘れないで君のこと僕は必要としていて
同じようにそれ以上に想ってる人もいる」
醜い世界です。
でも美しい世界です。
大切にしていきたいですよね。


前半に比べて、コメントの少ないライブ。
でも歌だけで十分です。

全体的に、結構マニアックな選曲でした。
アルバム曲がメインになってるし、コアなファンでないとついていけない曲も結構あったりとか。
それはでもこのap bankとレゾナンスというテーマからきた選曲なんでしょう(因みに選曲の基準はメッセージだそうで)。
一部不満を言ってる人も見ましたが。
個人的には大満足!
だって好きな曲ばっかりだったんだもん!
この先ミスチルのライブに行ったとしても、多分これほど自分のお気に入りを聴かせて貰えることはないでしょう。
それくらい、いっぱいいっぱい詰まったライブでした。
前半もあわせて、本当にこの日に来ることができてよかった!って思いますね。

さいこー(><)ノ


そして…アンコールは、bank band含め全員で歌うto U。
あなたへのメッセージ。

(長々と読んでいただきありがとうございました)
[PR]
by windwell | 2005-07-20 04:22 | つぶやき
<< メッセージ というわけで >>



ここはめぇの生産地です。いつのまにかこっそり更新。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
めぇもがき(じたばた)
ひび
・おかいもの

おしごと
・みんながんばれ
・じぶんがんばれ

ひつじ
・めぇ
・1 2 3 4 5 ☆
・ありがとう我らが閣下
ライフログ
以前の記事
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧